トップページ

    このサイトではポルシェの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ポルシェの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    ドイツ車のポルシェを高く査定してもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1つの買取店のみとか近所のポルシェ正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、ポルシェ(Porsche AG)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。

    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大50社にポルシェの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高く売りたいからポルシェの買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているポルシェの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のポルシェを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ポルシェの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのポルシェの買取相場がネットで分かるなら…」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのポルシェでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がポルシェの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたポルシェを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、複数の業者がドイツ車のポルシェを査定します。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間大切にしてきたポルシェを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国対応で出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツ車のポルシェなら一般の買取店より高額買取が実現することがあります。ですから、ドイツ車のポルシェであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サイトを使って概算査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたポルシェを売りましょう。






    車買取コラム

    どんな分野の売却においても同様でしょうが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初めて登録した日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先だけは教える必要があるのですが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、大して参考になったという意見はないですね。

    中古車を高値で売りたいならば、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺会社かもしれませんから気をつけましょう。

    査定士が実車を査定するときは所有者が同席しなければいけないといった規定は聞いたことがありませんが、当事者がいないがために起きるかもしれない問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、こっそりキズをつけて不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    走行距離数が一定以上の車というのは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに相場の現況を知るようにしています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、見積もり時に見落とした方が悪いので、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    車の売却を済ませた後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    いわゆる事故車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    あとは個人でできることといえば、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    その場合は使える部品や部位については値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも納得のいく方を選ぶことが大事です。